外車 査定

外車の査定を高めるためには?

外車販売店の写真

 

外車は国産車に比べて、中古車専門業者による買取価格の差がかなり大きいですです。

 

外車を買取りした経験があまり無い業者は査定額が低くなり、経験豊富な業者は高くなる傾向があります。
A社は20万円、B社は40万円など、倍くらいの差がつく事もありました。
国産車の時よりも、中古車買取店の選択が大事になりますし、進め方で結果は大きく変わります。

 

そこでこのサイトでは、外車を高く売るために欠かせない、以下2つのポイントについて解説しています。
この2点を抑えつつ進めていけば、外車の高額査定を毎回引き出す事が出来るようになりますので、参考にしてみてください。

 

  • 外車の査定額が一番高い業者を探す
  • 高額査定を引き出すテクニックを使う

 

外車の査定額が一番高い業者を探す

外車ならココに売るべし! 
という買取店は存在しません。
ショップの得意分野や在庫状況によって、買取価格は毎回変わってきます。

例えば、下記の状況に当てはまると、外車の査定は高くなりやすいです。

  • 欧州車やアメ車など、外車をメインに扱っている専門店
  • 店舗の在庫が少ない車種売れ筋・人気車種
  • バックオーダーで注文が入っている車種
  • 売上目標などの数字がほしい時

こういった色々な背景があって、同じショップでも査定の積極性が変わります。
その時によって、査定を高めにするか控えめにするか、毎回違う判断をしてきます。
そのため、どの中古車買取店が一番高い査定を出してくるかは、実際に査定してもらわないと判明しません。

 

最高値で外車を売るためには、多くのショップに査定を受けるしかありません。
シンプルですが、これが最も確実な方法なんです。

 

ただ、たくさんの業者に査定してもらうのは大変ですし、探して連絡するのも大変です。
普通にやっていると、何日もかかってしまうでしょう・・

 

でも、この作業が一瞬で出来てしまうサービスが今では定番になっています。

それが、一括査定というサービスです。

 

このサービスを上手く使えば、外車の買取に積極的なショップを短時間で探し出してくれて、さらにショップ同士が査定額を競いあって高くなる仕掛けがしてありますので、外車を高く売るために適したサービスです。

外車の高額査定を毎回引き出す一括査定の使い方

一括査定サービスの概要

 

所要時間3分程度の登録で、厳選された多くの買取業者の中から、自分の車に興味がある業者を選出してくれる無料のサービスです、。
複数の業者の査定額を効率的に比較する事ができて、業者同士が価格競争するので、査定結果は最初から高額になりやすいです。

外車の場合、一括査定を使うと3社〜5社程度からオファーが来ると思います。
無料で車を出張査定してもらい、一番高いショップに売却をします。

 

ただ、3社〜5社ではショップの数が少ないですし、競争がゆるいので査定もあまり高くならない事があります。
理想は、かなりやる気がある5社〜10社、競争がもっと激しい環境にする事です。
そのためには、下記のように一括査定をもっと上手に使う必要があります。

 

point1

 

男性の解説イラスト

 

どの一括査定サービスにも言える事ですが、1つだけしか利用しないと、以下のような問題が出てきてしまいます。

  • 査定してくれる業者の数が3社〜5社と少ない
  • 同じサービスに登録するライバル業者の動向は予想しやすいので、余力を残した査定結果になるかもしれない

一括査定で査定しに来るショップ同士は、よく競い合っている相手になります。
お互いの得意分野や景気などの特徴をよく知っているんですね。
例えば、「この車種ならA社は○○円が限界だろうから、うちは△△円で買取できそうだな。」
こういう作戦が立てやすいですよね?
この△△円が高い価格とは限りませんので、安売りしてしまう可能性があります。

 

でも、3つのサービス同時に活用すると、

  • トータルで10〜20社くらいになるので、高額査定を出してくるショップを見逃さない
  • 他の一括査定に登録している業者の事は把握していないので、作戦が立てられない

外車の場合、査定額のバラツキが大きいので、業者の数は多いほうがいいです。

 

また、業者は他の一括査定に登録している業者の事はわかりませんので、どんな業者が来て、どんな査定額を出してくるのか予想ができません。
いくら出してくるのかわからない相手に勝つためには・・?限界近くの査定を出すしかありません。
安く買取したい業者にとって、とてもやりにくい環境になり、自然と高額査定が出やすい環境になります。
3つを同時に使う事で、1つしか利用していない時の欠点が解消されて、強みの部分をさらに強化する事が出来るようになります。

 

 

 

point2

 

10社〜20社くらいの全ての業者から出張査定を受けても構わないのですが、それだと手間がかかります。
そのため、有力そうなショップ、5社〜7社くらいに絞り込んで査定を受けてみてください。
概算買取価格や対応の良し悪しなどを基準に業者を減らしておけば、手間を半分以下に減らす事が出来ます。

 

ただ、出張受けなかった業者が、万一高かったらどうするの・・・?
という意見もありました。

 

その場合は、査定してもらった中で一番高い買取価格を伝えてみてください。
これによって、出張査定を依頼していなかった業者が「もっと高く買取れるかもしれない」と伝えてきたら、ここで始めて出張査定を受ければ良いのです。

 

あと、一括査定サービスに登録する時、フリースペース等があれば、「連絡は電話ではなくメールでお願いします」と記載しておくのがおすすめです。
どの業者とどういうやり取りをしたのか、メールの方がダントツに管理がしやすいです。
これも手間を省くテクニックです。

外車査定を受ける前の準備

自動車整備工場

 

次に挙げる4つの準備をしてから査定を受けましょう。

 

取り外した純正部品も用意

国産車もそうですが、特に外車は純正部品パーツの価値が非常に高いため、取り外していたとしても用意しておいて下さい。
マフラーやエアロ、アルミなどが多いでしょうか。

 

保証書や整備手帳を用意

国産車に比べ、メンテナンスが難しいとされる外車にとって、この2つはとても大切なものです。
安心の証明になりますので、高く売るためには大事な部分です。
必ず査定の前に見せるようにしてください。

 

洗車する

きれいな車と汚い車、どちらの印象がいいのか一目瞭然です。
ずっと汚かったとしても、その時きれいであれば、大事に乗られてきたんだなと思ってしまいますよね?
そのため、見るたびにプラスに考えてもらえるように、出来る範囲で清掃をしておきます。
ボディ・室内ともに、カー用品店の小物でやれる範囲でいいので、綺麗な状態にしておきましょう。

 

欠点を隠さない

修理歴がある、ハンドリングの調子が悪いなど、重要な欠点は査定前に伝えましょう。
隠しても、プロの査定の前では全て丸分かりなので、先に伝えてしまった方がいいですね。
お互いに気持ちよく取引できるようにすると、余計なトラブルを回避する事が出来ます。

 

欠点と同様、カーナビやアクセサリーなど、プラスになりそうな部分があったらアピールしてみてくだsだい。

外車に有効な一括査定サービス

一括査定に申し込むおすすめの手順があります。

 

ズバット車買取比較とかんたん車査定ガイドは業者が選べませんので、先に登録をします。
カーセンサーは業者の選択が可能なので、最後に申し込みをして、重複している業者があればチェックを外して申し込みます。
この手順でやると、重複する業者を除外して、ほとんどの業者を網羅出来ます。

 

 

ズバット車買取比較
有名大手から、マイナーながらも外車に強い業者など、最大150の買取業者と提携!
東証マザーズ上場企業のウェブクルーが運営。

 

 

 

かんたん車査定ガイド
その名の通り、たった1分程度で登録完了の簡単サービス。
登録直後に過去のデータを元にした概算価格がわかるのも便利です!

 

 

 

カーセンサー.net
膨大なネットワークを持つカーセンサーだからこそできる、最大30社への査定依頼。
外車に強い全国各地の業者も数多く登録されています。